自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

自分に自信がない人は、少しだけ欲張りなのかもしれない。

自分に自信がないって悩んじゃう人は、自信を自給自足できない人。

 

自信って言葉なのに、それを他人に求めちゃう。だから、不安定になるのかもしれません。

 

だけど、他人基準の自信なんてアテにならないんですよ。だって、それってただの好みですもん。

 

好みや気分次第で変わるかもしれない不安定なもので自分をはかれますか?

 

それでも自分の基準よりは、と思う人もいるかもしれません。

 

そんな不安定なものなら自分の基準だっていいんですよ。

 

少しずつ自分で自分を評価することを許していかないと、ずっとずっと苦しいだけ。

 

そもそも、みんながみんな人に褒められて生きてるわけじゃないんです。

 

どうしても人間は誰かから認められたいっていう欲求が強い。だから、褒められた記憶に執着してしまうのかもしれませんね。

 

褒められたから、正しいんだ。

そうしないと褒められないんだ。

 

だったら、誰かが褒めてくれるようにしよう。

そう思うのも自然なことだと思います。

 

わたしもそう思ってました。自分の意見や価値観なんて重要じゃない。多くの人がいいと思うことが、正しいと。

 

できるだけ多くの人に認めてもらいたい。

それは少し欲張りなのかも。

 

たまには思考を変えて、誰からでも認められなくてもいいや。と呟いてみようと思った。