自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

自分を変えたいと思ったら。

 

毎日毎日、自分のことが嫌いで、

朝起きてたら別の人間になってればいいのにと、自分が変わることよりも可能性の低いことを思ったりします。

 

だけど、変わるキッカケって案外どこにでもあるんですよね。

 

例えば、髪を切ってみたり、普段着ない服を着たり、普段使わない色の化粧品を使ったり。

 

ちょっとの工夫で気持ちが浮かんでいくのがわかるはずです。

 

わたしは、定期的にイメチェンか、服を買わないとストレスで自分責めの毎日がはじまります。

 

女性はやっぱり、わたし着飾ってるって思う時の方が、気持ちがあがるんじゃないですかねー。

 

やっぱり、外界とのかかわりって重要ですね。

自分の殻にこもってしまって、自分の身なりなんてどうでもいいってなるよりは、自分の好きなものを身につけてたいですね。

 

落ち込んでる時はいくら着飾ったって自分程度の人間じゃとか、もっと上手く着こなせる人がいるのに、服が可哀想とかまで思うんですけど笑

 

そうならないために買うんだって理由をつけてあげると、買いやすくなります。

 

何か新しいことしたい気分だなー。

今までやったことないことがしたい。

 

たまには前向きな気持ちになることもあるんです笑