自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

自然体禁止法の禁止。

わたしの基本的な思考回路は、

~しちゃいけない、~しなくちゃいけない。

~するべきとか、禁止・強制が多めです。

 

その背景には、こうしたら他人が悪く思うかも、嫌われるかも。っていう推測が含まれていて。

 

いつも正解がない問に挑み続けています笑

 

自然体でいることは悪いことで、したくなくても、できなくても、できるように振る舞わなければいけないと長年思い続けてきました。

 

そんな自然体でいることをずーっと否定し続けてきた訳ですが、ふと思ったんです。

 

誰が自然体でいることを禁止したのかと。

 

考えてみたら、誰でもない自分自身だったんですよね。

 

自分の思うままに行動したら、いい顔をされなかった。あ、やっぱりダメなんだ。次は人が好むようなやり方にしようって。

 

今度は別の人に違うやり方を試して、失敗して。だったら、どうすればいいんだって嘆いてる。

 

人から見るとわたし割と滑稽じゃんって気づきました。

 

外から見てるから、気づくだけで、自分が中にいると、気づかないものなんですよね。

 

誰も自然体でいることを否定しないんですよ。

人になにか言われることはもちろんあります。

みんな考えが違うから当然です。

 

みんなにとっての正解を求めたって見つからない。そんなもののために、自然体でいることを禁じて苦しくなるなら、自然体禁止法を禁じてしまえ!

 

ちょっと乱暴ですけど、それくらい雑になったっていいんだよっていうお話です。

 

自分を追い詰めるのは、周りも見てて辛くなるからねー。