自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

モテるモテない、男に愛される愛されないは、商業主義の極み。

 

世の中に溢れる、愛される女になろうというメッセージ。

 

モテ、愛され、彼ウケ、女性誌に踊るその言葉。

ひと昔前よりは少なくはなりましたが、

消費者は女性ですからねー。

女性の根源的心理に訴えかけてきますね。

 

愛されるためには、いい女じゃなきゃいけない。

 

いい女は、

ネガティブじゃダメ。

否定しちゃダメ。

男を立てれなきゃダメ。

 

確かに全部ができる女性は素敵でしょうし、

モテないはずがないでしょう。

 

いや、でも、そもそも否定めっちゃしてるやん。

割とネガティブなこと言っとるやん!

って感じですよ。

 

歪みに歪んだ自分は、またモテるにあてはまはない自分を責めて、だから自分はダメなんだって思ってしまう。

 

自分のままでいることはそんなに悪いことですか?

 

あてはまる傾向がある人は今すぐ変わらなきゃやばいって追いたてられて心が沈んでいく。

 

見なきゃいいのに、自分にあてはまらない情報を見て、ダメな自分を探し続ける。

 

そんな日々を未だに過ごしています。

 

自分を殺してまでモテた方がいいですか?

本当にそうしたら、好きな人に好かれるんですか?

 

分からないですよね。結果は自分次第ですもん。

 

信じる信じない、その基準を持てるようになること。

 

それが今の目標です!