自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

自分は誰よりも劣っているという強烈な思い込み。

 

ネガティブだとか、自分に自信が持てずに苦しんでる人って、自分が劣っているという思い込みに関しては、信じられないくらい頑固なんですよね。

 

誰かにたまたま褒められることがあっても、

自分がそうは思わないのに、そんなことあるわけない。世の中は社交辞令やお世辞ばっかだ。本気にしたら恥ずかしいとか。

 

1つの物事に対してでも相当な考えがめぐるんだろうなと思います。

 

お世辞だろうと思う人って、もしかして、自分も相手に思ってもみないこと言ってませんか?

 

わたしは基本的に嘘つきで、誰にでも平気で思ってもないことをペラペラ言える性格です。

 

内心、思ってもないけどなと呟きながら、笑ってたりする、相当な嫌な奴です。

 

だから、相手が何か言っても、何か言ってるわ程度にしか思わないっていうのもあります。

 

あとは、自分基準が強すぎるか。

自分の中でのボーダーラインがあって、それができてないと、褒めるに値しないって思い込ん出る人は、そのことを褒められても、有り得ない、馬鹿にしてるのかなとまで思う。

 

他人から見たら、充分褒めるに値するところまで来ていても、自分でないがしろにしちゃう。

 

そんな人も多い気がしますね。簡単に言えば、理想が高いとか、ストイックとも言うのかもしれません。

 

ほんのちょっとだけ、自分に

こだわりすぎてるのかもしれないですね。

 

目の前の相手のことにもう少しだけ興味を持てるようになったら、自分痛めつけ地獄から1歩外に出れるのかもしれません。

 

まだまだ遠い道のりにしか思えませんけど笑