自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

マシュマロ体型が好きなんて幻想。

 

女の思うマシュマロ体型はただのデブ。

 

マシュマロ体型なんていう都合のいい言葉を作り出したのは誰だろうと思います。

 

男のいうマシュマロ体型は、BMIで言えば、20切る程度。女の子はふっくらしてるくらいがいいという奴に限って、全く太ってない人を、あのくらいの肉付きがちょうどいいなんていうんですよね。

 

肉付きいい方がいいなんて言葉は巨乳好きの言い訳。肉がついているのは、胸とお尻だけでいいっくって、ほかの肉はすべて悪。

 

胸があって、ウエストがくびれてて、色が白くて、おしりが大きくて、太ももは隙間ができる細さ。さらに、毛1本ないくらい処理されていて、出来物ひとつないサラサラつやつや、しっとりなお肌のこと。

 

もちろん、小顔にぱっちり二重のお目目に、

小さく鼻筋の通った鼻、ちょんとした唇、歯並びのいい歯がデフォルト。

 

華奢な肩幅に浮いた鎖骨、ほっそりした手首に、感触だけふわっとした細い二の腕。

 

胸だけ出てて、くびれたアンダーバストからウエスト。ぺたんこのお腹。

 

お腹がたるんでるなんてもってのほかで、胸がよってないなんてものももってのほか。

背中の贅肉も許されない。

 

さらに寝転んでも2重あごにならず、上に乗ってもお腹がたるむことなく、バキバキではない柔らかさを保った体。

 

つまりは、デブスは破滅しろっていうだけのこと。

 

ブスとデブに人権はない。

 

そんな人間にならない限り、自分は誰にも求められない。