自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

自信はないけどプライドが高い。いちばん厄介なタイプで生き続けてしまった。

 

みんながわたしに自己肯定感が低すぎるとか言ってくるけど、わたしは実際そうではないと思ってます。

 

自尊心が高すぎて、周りの評価が自分が思ってるほどじゃないからネガティブになる。

 

これが多分、わたしの1番なおさなきゃいけないところだろうなぁと思います。

 

理想が高いとも言うのかもしれないけど。

 

自分はもっといいものだと思いたいって気持ちが止まらないんです。

 

もっとかっこいい人と付き合いたいとか、それなりの人に選ばれるんじゃないかという幻想。

 

お互いが似たレベルの人としか付き合わないとか、求めないとか言うけど、それってほんとなんですかね。

 

際限なく、上を求める馬鹿だっている気がする。

 

例えて言うなら、自信がなくプライドが高い人って、心がカラッカラの砂漠状態だと思うんです。

 

自分で自分を満たしてあげることができなくて、水を与えられても一瞬で干上がらせてしまう。

 

そして、ずっと褒め続けてほしいと思ってしまう。

 

他人から見たら、面倒くさいことこの上ないですよね。

 

自分で自分を認められればいいんでしょうけど。人に認められないのなら、それほどでもないという気持ちが消えない。

 

例え、認められていても、自分が認める人じゃなきゃダメ。誰にでも言ってたらダメ。

 

許容範囲が激せまで生きづらいなーと思います。

 

理想を下げるか、徹底的に努力するか。

それしかないんだなー。

 

性格が違えば、自分程度でも満足できるのかもしれないけど。

 

こんなのじゃ、全然満足出来ない。

人にはいいところばかりなのに、自分は全然ダメだ。

 

他人のいいところしか見えなくて、自分のダメなところばかりを意識してしまう。

 

どうしても、自分はダメなやつだなー。

選ばれなくて当然のやつだっていう思考に落ち着く。

 

それでも、強烈に選ばれたい願望が消えない。

常に欲求不満状態。

求めるものが多すぎるんだろうな。

 

無欲になりたい。全てを諦めれば、楽になれるのかなー。

自分の中の欲求が大きすぎて、もう対処できない。惨めすぎてつらい。

 

街の中で真ん中を歩けるような人間になりたい。

 

違う、何も求めない人間になりたい。

自分で満足できるようになりたい。

 

少しでも自分に自信が持てたら、選ばない他人が見る目がないだけって都合よく思えるのかな。

 

でも、それって、努力の足りない勘違いではないのだろうか。

 

自分に責任がないわけないんだから、人を責めるのは違うんじゃないかって思考が止められない。

 

そこで、選ばない他人が悪いって諦めてしまうのは、自分を責め続けるより、ほんとにいいことなのか。他人から勘違いって思われないのか。

 

結局は人目しか気にならない自分が嫌になる。

何も変わらない、何も変わらない。

変える気もないのかもしれない。

 

ネガティブってなおんないなー。