自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

ネガティブはただの甘ったれ、自己防衛。行動しないための言い訳。

 

言い当てられてるとしか思えない。

自分が傷つくことにばかりに敏感で誰かが傷つくことには思い至れない。

 

他力本願で誰かが解決してくれることを祈ってる。

 

勇気を出してしてくれたことにも、誰にでもしてる、暇なだけだとか捉えて。

そうじゃないと信じてしまった時が怖いから、保険をかけてるだけ。

 

人の意見には、でもとか、だってからしか入れない。

 

自分に都合よく物事を解釈するのは悪いことで、ナルシストで恥ずかしいこと。他に原因があってたまたまいい方向にいっただけだと思う方が正しい気がする。

 

他人は冷たくひどい人だとしか思えない。

それが失礼なことだと分かっていても。

他人はもっとひどいことを言うはずだ。

自分に好意的に振舞ってくれるはずがない。

もっと文句言われてて当然だ。知らないだけだ。

 

そう思うことで実際に嫌われることを避けてきたのかも知れません。

 

臆病で自分が嫌いと言いながら、自分のことしか考えられない、自分大好きなところが気持ち悪くてしょうがない。

 

他人を思いやれない自分が嫌い。

もっと他人のことだけ考えられるようになりたい。

 

ポジティブな人は、どんな状況になっても自分で切り抜けられる自信があるそうです。

わたしは最悪の状況になったら、人を頼ることも出来ないし、何より自分が1番頼れないので、そんな状況が来ることが怖いです。

 

自分の対処できないことには挑戦しないし、自分を過信することもない。

 

謝りすぎは逆に自意識過剰。

相手がそこまで求めてないのに、謝られると、いや、お前がそこまでできると思ってないからと思われるんじゃないかなんてことも思います。

 

越権謝罪みたいな。

 

そろそろ、

ネガティブなおす薬できてもいいでしょ。

 

ほら、こうやって自分は努力せずに人に頼る。

もういい加減にしたい。