自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

ダメだと決めたのは自分以外の誰でもなかった。

 

何があっても、ただ自分ばダメなんだと責め続けていた。

 

顔が可愛くないからダメ。

スタイルが悪いからダメ。

仕事が出来ないからダメ。

コミュニケーション能力がないからダメ。

愛想が悪いからダメ。

ネガティブだからダメ。

誰にも相手されないからダメ。

性格が悪いからダメ。

努力できないからダメ。

自分のことしか考えられないからダメ。

 

多くのことに自分で自分にダメ出しをしてきた。

 

でも、それって誰かに言われたことなんてなかったんですよね。

 

自分でそうじゃなきゃダメだって思い込んでるだけで。

 

世間はその逆をよしとするから、そうではない自分はダメなんだって責めていた。

 

でも、それって本当にダメなの?

本当はそんなダメな自分でもいいんじゃないかって思ってんじゃないの?

 

そう思いたい自分さえ、またダメだって思いたいだけなんじゃない?

 

責めるのが好きなだけのマゾで、

本当は自分が大好きなだけ。

 

自分をくだらない人間だって認めたくないだけ。ダメな奴だって思われたくないだけ。

 

でも、自分はダメなやつだし、心狭いし、才能ないし、モテないし、仕事できないし、いいとこ見せようとするし、何も出来ないって認めよう。

 

自分はこの程度だって、ネガティブにじゃなくて、普通に受け入れよう。

 

上ばっか見てたって、しょうがないし。