自分ってそんなに悪くないじゃんって思えたらしあわせ。

自分嫌いな人間が日々感じたことや、自分を保つための言葉を書き溜めてます。

ネガティブを否定してくる人もネガティブなのでは?

 

基本的にネガティブでいると、とにかく否定されますよね。

 

そんな風に生きてたら疲れるでしょとか、

人生楽しくなさそうとか。

暗いから一緒にいても楽しくないとか。

 

そういうことを言われるからどんどんネガティブになって、そうじゃなくなるように否定を繰り返していくんですけど笑

 

確かにネガティブな人に心配事を口にされて、そんなこと考えるの?もう良くないって思うことはあります。

 

疲れるなって思う時もあるし、相手にこんな気持ちにさせるんだなって思うこともあります。

 

でも、だからってその人に気にするな!

そんなこと気にするからネガティブなんだとか言っても無駄なんですよね。

 

その人に対して、ネガティブな反応をとっているだけで、やってることは何も変わらないと思う。

 

だったら、こう考えてみれば?とか、心配なこと全部口に出してみれば?とか、そういうことを自然と言える人がポジティブな人だと思う。

 

ネガティブが嫌われるのは、みんな自分の心の中にネガティブを持ってるからだと思う。

 

影響されて、自分のネガティブが出てきちゃうから。

 

世の中のポジティブ一択な空気にちょっと違和感。